IMPRO KIDS TOKYOの
大切にしていること

「子どもも大人も
一人の人間」

わたしたちは「子どもも大人も、肩書ではなく、一人の人間として尊重されること」を大切にしています。
目の前の相手をリスペクトしながら進めていくインプロ(即興演劇)を応用した教育活動を行っています。
インプロとは「即興演劇」のことを指します。
演者たちが舞台上で脚本もセリフもない状況で、お互いの発した言葉や動きを互いに受け入れながら展開していく演劇のことです。
インプロはアドリブと勘違いされやすいのですが、似て非なるものといえます。
無茶ぶりにただ答えるものではなく、目の前の相手をリスペクトしながら進めていく演劇として私たちはとらえています。
カナダやアメリカでは学校教育でも行われており、子どもたちの習い事としてインプロクラスを設ける劇場も多数あります。

IMPRO KIDS TOKYOのミッション

インプロをコミュニケーションの学びの選択肢として家庭や教育現場に提案していきます。

1 子どもたちの新しい習い事「インプロ教室」

インプロを通じて自分と違う相手にもリスペクトを持って関わる在り方、関わり方を継続的に学びます。参加者を「子ども」とみて関わるのではなく、「ひとりの人間」として関わり、みんなで一緒に成長していきます。

2 教育関係者・親向けインプロ教室

失敗を恐れない大人の前だと、子どもも恐れずに失敗していいんだと思える。
常識にとらわれない大人の前だと、子どもも常識にとらわれないでいいんだって思える。
大笑いもして、おもいきり悲しめる大人の前だと、子どもも自分の気持ちをないがしろにしないで味わえる。
しかし、「先生だから」「親だから」「社会人だから」そんな言葉がおとなを窮屈にさせてしまうことがあります。「一人の人間」として子どもに関わることについてみんなで学んでいきます。

3 教育現場訪問

学校や学童などの教育現場に訪問しています。現場のみなさんとIMPRO KIDS TOKYOがパートナーシップを組み、子どもやまわりのみなさんの更なる個性を引き出すお手伝いをします。

応援メッセージ

保護者のみなさんから

子供たちの関わり方でハッとさせられることがあってよかったです。インプロバイザーさんたちの子供たちへの接し方が、仲のいい友達みたいだなぁと思っていたので。リスペクトして信じて任せてくれているなぁ―と。自分もなるべくやってみようと思いました!

今日見学させていただいて良かったと思いました。頭ではわかっていても言葉に出して表現するのは難しいんだなとも思いました。インプロの体験を重ねていけば、自然と表現出来るようになるのかもと思いました。

学校の先生から

発達障害のあるなし関わらずお子さんとの関わり方に関してヒントをたくさんもらえました。うちの子にもやらせたいです!

ソーシャルスキルトレーニングを教えています。インプロでは、正しい行動ができたことを褒めるのではなく、「人のためになった、役立った喜びを感じられる」という点がストンと落ちました。

職場の人ともうまくやるコツを教えてもらえた気がします。空気を読んで伝えないのではなく、「愛をもって誠実に伝える」をしてみます。
今日来て本当によかった!元気になりました!

代表 下村理愛

富山県出身。表現教育者/インプロバイザー
画一的な価値観のある学校教育に疑問を持ち、筑波大学大学院教育研究科、東京学芸大学高尾隆ゼミ、カナダアメリカにて表現教育やインプロについて研究する。
インプログループSAL-MANEのパフォーマーとして活躍したのち、株式会社LITALICOに入社。2歳~18歳のお子さんのコミュニケーションクラスを担当している。

我妻麻衣

埼玉県出身。即興パフォーマー、俳優、パフォーマンス講師。
即興パフォーマンス団体「東京コメディストア:D」のメンバーとして活躍。
また、芸能事務所で映像や舞台出演等、ジャンルを問わず幅広く演じる俳優。
以上の経験を活かし、学校のパフォーマンス講師として子供たちへ指導をしている。

サポートのお願い

IMPRO KIDS TOKYOは共感していただくみなさまの応援で成り立っている活動です。
寄付、SNSでのシェア、応援メッセージなどを頂けると私たちの活動がさらに盛り上がります。
サポートを是非よろしくお願い致します!

クラウドファンディング、サクセスしました!
108名の方々からサポートいただき、支援総額は1,003,000円となりました。
サポートありがとうございました!
プロジェクトページはこちら

お問い合わせ