1・子どもたちの新しい習い事

自分の身の回りにいる人の方法を真似るという形で学ぶことが多いコミュニケーションの方法について、表現教育の手法を使って学ぶことができる新しい形の習い事です。
演劇を通して、スピーチやディベートではなく日常的なコミュニケーションスキルを身に付けます。

2・自分と違う考えを大切にする

自分と相手は違う考えを持っていることを前提に、どうしたら全員が気持ちよくその場を楽しむことができるのかをチームで意見を出し合い、実践していきます。
「チームのルールに従う」「自分が我慢する」ではなく、相手も自分も尊重しながら関わり方を見つけていきます。

3・助けられる工夫と相手を助ける工夫

「助けて」と言うことは恥ずかしくないことや「仲間を助けること」の喜びを体験していきます。
「助けて」と伝えると仲間に助けてもらえるという経験を積むことで、徐々に自分の気持ちを相手に伝えることができるようになっていきます。

子どもたちの声

インプロには正解がないし、失敗もないから楽しい。もし失敗したとしても、仲間が助けてくれるって思うから安心する。(小4)

同じお題でも、みんな考えていることが違っていたのが面白かった。インプロやっていると、同じことを考えていることもあるし、違うことを考えていることもある。予想と違うことが起こると面白い!(小4)

インプロでは、コミュニケーションや人との関わりを学べるけど、もはや勉強になってないくらい、面白いことが起きるし、複雑なこともするし、まじで最高だった。(未就学)

保護者の声

娘はもともと失敗をすごく嫌がり、始めは即興でアイデアを言うことがなかなかできませんでした。でもインプロで「失敗しても仲間が受け入れてくれる」と思えたようで、失敗しても明るく「もう一回!」とやり直す経験を積んでいます。

IMPRO KIDS TOKYOでは「正解」を求められることはありません。何を言っても「あなたはそういう意見なんだね」とまず受け止めてくれる。すごく安心できる場所になっているんじゃないかなと思います。

いつも「ほら、呼ばれてるよ!」など私が口を出してしまう関わり方をしていましたが、自分でできることがたくさんあることがわかりました。「やって」と言われてやるのではなく、自分で考えて行動する自主性が芽生えた気がします。

継続クラス

子どもクラス実績

■T-KIDSシェアスクール
柏の葉校:2018年4月以降 継続クラス
湘南校:2019年4月以降 継続クラス
梅田校:不定期開催イベントクラス
■リトル・プロフェッショナル・ジャパン
2019年4月以降 イベントクラス
2019年10月以降 継続クラス
■IMPRO KIDS TOKYO オンラインクラス
2020年6月以降 継続クラス

■ボンボンファミン・プロダクション
2020年10月 イベントクラス
■Team Lab.
学ぶ未来の遊園地 ららぽーと富士見店
学ぶ未来の遊園地 湘南平塚店
2018年6月 イベントクラス
■学童club merry attic(民間)
2018年1月以降毎月の実施 1時間
■インターナショナル保育園 Brainglish Baby(民間)
2019年7月 2時間