1月14日(月祝)『即興演劇』ワークショップ in 代官山 presented by IMPRO KIDS TOKYO

この度、IMPRO KIDS TOKYOを応援してくださっている矢田晃一さん主催で
インプロワークショップを行うことになりました!

主催の矢田さんと毎週毎週ミーティングを重ねています。
矢田さんと下村は大学時代コーチングを一緒に学んだ先輩後輩の仲になります。

私も矢田さんも、コーチングとインプロの親和性の高さを感じています。
今回は、表面的な情報のやりとりではない、相手と自分とつながりながら行うやりとりを扱っていこうと考えています。

Teacher's Schoolで行っていたワークショップとはまた違った切り口でのワークショップを行っていければと思います。
定員は12名となります。どうぞお早目のお申込みをお願い致します^^

以下、矢田さんより告知文になります!
*****

こんにちは、当ワークショップ主催の矢田です。

皆さまは、「即興演劇」または「インプロ」をご存知でしょうか?
一言で言うと、台本のないお芝居のことです。

それが、ほんっと面白いので、ぜひみんなに一回やってみてほしい!

という想いで、ワークショップを開催することにしました


面白いと言っても、
単にインプロやってみて、たくさん笑えた。楽しめた。
という次元ではなくて、

「自分には無理!」と思ってたことができるようになったり、
「自分もそんなに悪くないなぁ」と自分のことを愛おしく感じたり、

人と関わり、遊びながら、そういう宝物のような体験ができる。

という意味で、むちゃくちゃ面白いです。

講師は、IMPRO KIDS TOKYOの下村理愛(しもりー)と我妻麻衣(まいきー)。

IMPRO KIDS TOKYOは、
蔦屋書店が運営するT-kidsでの子ども向けインプロ教室や、教員向けにインプロを伝えている活動をしています。

先日、クラウドファンディングを実施して、多くの方からの共感を集め、なんと100万円の寄付を集めました!
https://camp-fire.jp/projects/view/85137

しもりーとまいきーは、二人ともパッと見、カッコいいクールなお姉さんですが、
本当は、人の存在を、大切に、大切に、扱ってくれる人たちです^^

だから、演劇とかインプロはじめての方も、ご安心を。
怖がらないで!笑

ぜひ、一緒に遊びましょう^^

そして、何かしらの「宝物のような体験」を持ち帰ってもらえたら嬉しいです。
そんな場にしましょう!します。

ーイベント概要ー

『即興演劇』ワークショップ in 代官山
presented by IMPRO KIDS TOKYO

日時: 2019年1月14日(祝日)13:00-16:00

場所: 代官山 UPSTAIRS GALLERY
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-18-6 SPビル2F
(代官山駅から、徒歩4分)

講師: IMPRO KIDS TOKYO下村理愛、我妻麻衣

参加費:5,000円(ペアでお申し込みの場合は、お一人4,000円になります)
※当日受付にてお支払いください。

定員: 12名

おまけ:もっと体験したいという方向けに、16:30から1時間程度、少しだけアドバンスな内容を行う時間を用意します。(希望者のみ参加。参加費1,000円)

お申込はこちらから(下記フォーム登録を持って、正式なお申し込みとさせていただきます。)
https://goo.gl/forms/BTYAPs1k8bsNefgo2


12月22日(土)Teacher's School インプロワークショップ 参加者のみなさんから感想をいただきました。

12月22日(土)Teache's Schoolのイベントにて、教育関係者向けのワークショップでした。
参加してくださった教育関係者の方たちのお声を載せさせていただきます!

【参加者のみなさんからの感想】

・自己の心にとって素直な反応を示すことの大切さを知りました。それが自己開示となるため、結果的に、相手と深いコミュニケーションができることも、実感できました。

・物事の考え方が変わるので、極論全ての場面で活かせると感じています。

・自己表現とはなにか。表現においては失敗という概念がない。そのことに気づくことができれば、自己表現をもっとできるようになりそう。

・自分を表現する。チームの大切さ。違和感をそのままにしない。仲間を信じる。任せる 、頼ることの大切さ。などに気づいた

・失敗が『怖いし不安になる』考えから、『面白いし安心する』考えに変わっていった様に感じたのが気づきです。

・『問い』を言葉にしてシェアするのは、人となりが感じれて良かったです。

・失敗をするのもまた面白いということ。

・なんとか自分がその場を収めようと思い過ぎないこと。

・失敗が『怖いし不安になる』考えから、『面白いし安心する』考えに変わっていった様に感じたのが気づきです。

・自分を表現する。チームの大切さ。違和感をそのままにしない。仲間を信じる。任せる 、頼ることの大切さ。など

・自己表現とはなにか。表現においては失敗という概念がない。そのことに気づくことができれば、自己表現をもっとできるようになりそう。

・自然体でいることがパフォーマンス性の向上につながること。

・自己の心にとって素直な反応を示すことの大切さを知りました。それが自己開示となるため、結果的に、相手と深いコミュニケーションができることも、実感できました。

たくさんの感想、ありがとうございました!

Teacher's Schoolさんで今回のイベントで第3回になりました。
みなさんからいただく声として

「継続して学べる場がほしい」
「一回で終わらず、同じメンバーで何かしらの形で継続性があればよい」
インプロ経験者からすると、少しゆっくりで物足りない感じがあった。もう少しテンポよくワークをしたかった。しかし初めての方も多かったので、進め方は納得していますし、初めてインプロを経験する方が変わっていく瞬間を客観的に見られたので、総合的には満足しています。」

など、継続して学べる要望や、より深い内容を学びたい!などの声をいただくことが増えてきました。


ということで、教育関係者向けの継続クラスを作ることを本格的に検討しはじめました^^!

みなさんの声から活動内容が決まっていくことが、すごく幸せだなーと思っています。

またお知らせ致しますので引き続きどうぞよろしくお願い致します!

 

そして、お母さんと参加した最年少の2歳の参加者Mくん!
母の学びの場をリスペクトして一緒に場を作ってくれました。

IMPRO KIDS TOKYOの大人向けワークショップ、
お子様を連れても一緒に参加できる場の探求はこれからも行っていけたらと思います^^


安心・安全な場の作り方を学ぶ演劇ワークショップ 〜プロの役者とインプロ体験 #3〜が終了しました!

安心・安全な場の作り方を学ぶ演劇ワークショップ 〜プロの役者とインプロ体験 #3〜

大爆笑につつまれながら終了しました!

一人ひとりの問いを設定したうえでワークショップを行っていきました。 

 

 

【内容】

*みんなを知る時間

*わたす・うけとる時間

拍手回し

*失敗を楽しむ時間

ワンワード

*アイディアをわたす・うけとる時間

わたしは木です

箇条書きで書くとこれだけなのですが、ひとつひとつみなさんと対話を重ねながら進めていきました。

次なる活動の提案も参加者の方たちからたくさんしていただき、感謝です!

また改めて振り返りは書きます^ ^

 

 

 

 

 

#即興演劇 #インプロ #教育 #先生 #improkidstokyo #teachersschool


2018年12月17日(月)merry attic インプロクラス

今日は学童CLUB merry atticの子どもたちにワークショップを行ってきました!

今日は特別ゲストとして、Tokyo Comedy Store :Dの依田さんと、LIALICOジュニアで未就学のお子さんにソーシャルスキルを教えるちひろ先生を招いてのクラスでした!

私の視点からいくつか印象に残った場面を切り取って書きます。

*****

【プログラム】

1 まいきーとヨダちゃんのインプロショー(ワンワード)

2  コメント

3 やくそく(応援の目・見下す笑い)

4やってみよう(ワンワード)

*****

★「人を見下す笑い」と、「一緒に楽しむ笑い」

1のインプロショーでは先生のじゅんせんせいも参加することに。

すると、突然子どもたちから・・・

きっもーい!きっもーい!きっもーい!きっもーい!あははははは~~

インプロのクラスに参加しているみんなには、
人をさげすむ笑いと、一緒にいい時間をすごす笑いの違いを分かってほしいということをまず伝えました。

即興の楽しいところって、相手を馬鹿にして取る笑いではなくて、
相手と思いもよらないことを一緒にやっちゃうことが楽しいことだと思うんです。

なんで相手を見下して自分のことを保つのではなく、一緒に協力した中で生み出す笑いをいっぱい体験してもらいたい。自分の表現が即興で作り上げるシーンに貢献できた経験とか、仲間を気遣いながら一緒に作っていく感覚とか。

★「やりたくない」も表現

学童のスタッフさんからもコメントをいただきました。

「前に出てやらない」と言った子にも、応援する係の役割をあげたり色々工夫されてるんだなと思いました!
最近別の現場で、やりたくないと言った子(絶対に強制させなければならないわけではないのに)に先生が無理にやらせたりと、そんな場面を見て心苦しく思うことがあってなんだか気持ちが軽くなりました。

「やりたくない」という表現も立派な表現。
シーンがはじまる別の役割(カウントダウン係)として貢献してくれていました!

 

12月22日(土)の教育関係者向けワークショップでは、こどもたちとのかかわり方など
お伝えしていけたらと思っています。

merry atticのみなさん、ありがとうございました!

りな


12月22日(土)先生(教師)が創る先生の学校 Teacher's School 「安心・安全な場の作り方を学ぶ演劇ワークショップ  〜プロの役者とインプロ体験 #3〜」

こんにちは!
安心・安全な場の作り方を学ぶ演劇ワークショップ 〜プロの役者とインプロ体験 ~の第3弾があと一週間となりました!

主催のTeacher's Schoolさんにも、
「1回目も2回目もキャンセル待ちとなった人気企画!」とうたってくださりありがたい限りです。

私たちにとっても素敵な出会いがたくさんあり、ここで出会った先生方たちと仲良くなり、学校訪問もこの半年間で5件話が進みました。

ここで出会った方たちにインプロを体験していただき、一緒に教育現場に取り入れてもらうきっかけになると思うととても嬉しいです。

是非ご予定のある方はご参加くださいませ^^!

以下詳細です。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
先生(教師)が創る先生の学校 Teacher's School
「安心・安全な場の作り方を学ぶ演劇ワークショップ
〜プロの役者とインプロ体験 #3〜」
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

今回のテーマは「演劇ワークショップ」

こちらの講座は、8/13と10/7に行われたイベントの第3弾です。
8月や10月にいらした方も、今回が初めての方もご参加いただけるプログラムとなります。

これまで高校生からベテラン教員の方まで、様々な方にご参加いただきました。
「キャンセル待ちで参加できなかった」「もっと時間が欲しかった」などのありがたいお声をいただきました!
そこで、ワークショップの時間を前回よりも長くバージョンアップさせた、
3回目のプログラムを企画しました。

----------------------------------------------
こんにちは。
IMPRO KIDS TOKYOの下村理愛です。
私は子どもたちとインプロを通じた教育活動を行っています。
インプロとは「即興演劇」のことを指します。役者たちが舞台上で脚本もセリフもないままお互いの発した言葉や動きを大切に受け入れ合いながら展開していく劇のことです

インプロは相手からの無茶ぶりにただ答えるものではありません。
目の前の相手のことを最大限リスペクトしながら進めていくお芝居であり、同時にその手法も指しています。

即興演劇を教えていると、いろんな教育関係の方たちが興味を持ってくれます。

興味を持ってくださる方は子どもたちの表現を引き出したい、
意見を言い合える授業を作りたい、
主体性を育みたい、という思いを持った志のある方たちです。

授業の雰囲気は教師の持つ雰囲気が作るともいわれています。
「何でも言っていいよ」という言葉や、
授業のデザインだけではどうにもならないこともあります

在り方は自分だけでは気づかない思考のクセや身体のクセ
そのクセに気付き、手離していくことをインプロ(即興演劇)で目指します。

ぜひ現場の教員の方や教員を目指す学生・社会人の方だけでなく、
より多くの多様な参加者の皆さんと、
対話を通して未来の学びの場をつくっていきたいと思います。
・主体的・対話的で深い学びを実現したい
・インプロについて知りたい
・インプロを学校現場に取り入れたい
・職場とは異なるサードプレイスで教員仲間を作りたい
以上のような方々にぜひお集まりいただけたらと思います

<開催概要>
◯日時
12/22(土)13:00-17:00
(12:30開場です。余裕をもってお早めにお集りください。)
*イベント開始30分を超えてのご参加は遠慮させていただく事があります。

◯タイムテーブル
12:30- 開場・受付開始
13:00- イントロダクション Teacher's Lab.の紹介
13:15- インプロとは?&ウォーミングアップ
13:45- ワークショップ
16:15- ふりかえり
16:45- まとめ・アンケート記入
(17:00 完全撤収)

◯場所
Crave西新宿03
西新宿駅より徒歩1分のイベントスペース
東京都新宿区西新宿8-5-7輿石ビル

東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅 徒歩1分
都営大江戸線 都庁前駅 徒歩7分
都営大江戸線 新宿西口駅 徒歩8分
西武新宿線 西武新宿駅 徒歩9分
小田急線 新宿駅 徒歩10分
JR中央・総武線 大久保駅 徒歩10分
東京メトロ丸ノ内線 新宿駅 徒歩10分
京王線 新宿駅 徒歩10分
京王新線 新線新宿駅 徒歩12分

◯申し込みはこちら
https://goo.gl/forms/n6soYB7jJwaKQg173
(参加ボタンのみでは正式なお申し込みとなりませんので、ご注意ください)

◯参加費(ワークショップ用の文房具・お茶菓子・資料代込み)
学生2500円
https://paymo.life/shops/fNIXMHu7Eh/GSFNQXGoSl
一般4000円
https://paymo.life/shops/fNIXMHu7Eh/WGEVSr0lhX
事前入金で500円OFF

★キャンセルポリシー★
キャンセルする場合は、必ず前もってメールまたはイベントページよりご連絡下さいませ。
参加日を含むプログラム開催3日前までのキャンセルは会場準備などの都合上、※止むを得ない場合を除き参加費分のキャンセル料金をお支払い頂くこともありますのでご了承ください。
※止むを得ない場合:冠婚葬祭、急病、事故などの外的な要因によって左右されるものと定義させて頂いております

◯持ち物
リラックスできる服装でお越しください。
名刺をお持ちの方は名刺をご持参ください。

◯定員 18名程度

◯参加対象
教員を目指す学生・社会人
小・中・高・大・専門学校の先生、特別支援学校の先生、学習塾や教育団体の先生
教育に熱い想いをもっている方ならどなたでも

未来の学びを作りたい!と思う方、ぜひ一緒に学びましょう。

◯主催:一般社団法人Teacher's Lab.
私たち、Teacher’s Lab.は教師と共に学校現場の発展に貢献していきます
HP:http://teacherslab.strikingly.com/
Facebook:https://www.facebook.com/teacherslab2/
info@teachers-lab.org
<Teacher’s School>
ー先生と共に創る先生の学校ー
HP http://teachers-school.strikingly.com/

◯下村 理愛(IMPRO KIDS TOKYO主宰・代表)ファシリテーター
富山県出身。表現教育者/インプロバイザー
画一的な価値観のある学校教育に疑問を持ち、筑波大学大学院教育研究科、カナダアメリカにて表現教育やインプロについて研究する。
インプログループSAL-MANEのパフォーマーとして活躍したのち、株式会社LITALICOに入社。2歳~18歳のお子さんのコミュニケーションクラスを担当している。
HP:http://rinashimomura.com/

〇我妻麻衣(IMPRO KIDS TOKYO)
埼玉県出身。即興パフォーマー、俳優、パフォーマンス講師。
即興パフォーマンス団体「東京コメディストア:D」のメンバーとして活躍。
また、芸能事務所で映像や舞台出演等、ジャンルを問わず幅広く演じる俳優。
以上の経験を活かし、学校のパフォーマンス講師として子供たちへ指導をしている。

◯館野 峻(東京都内 義務教育学校 主任教諭) コーディネーター
1984年生まれ。東京都出身。東京都の公立小学校教員12年目。一般社団法人Teacher’s Lab.理事。
現在、東京都内義務教育学校に所属しながら、東京都教育委員会派遣研修として、東京学芸大学教職大学院にて1年間の研修中。これまで、社会と学校を結ぶ教育活動として、プロのダンサーによる運動会のオリジナルダンスの創作や、佐藤雅彦氏の慶應義塾大学ゼミ生とオリジナル ピタゴラスイッチを作るワークショップなど、学校外で活躍する 大人と子供たちとの出会いや学びのきっかけづくりを行ってきた。地域活動にも積極的に参画し、社会全体で子供を育てる方法を、学校外の勉強会やセミナーに積極的に参加することで模索している。地域団体「いたばし対話プラス」ファシリテーター、edcamp ITABASHI実行委員長。東京学芸大学内の自主勉強会「げんしょくラーニングラボ」発起人。


12/2 T-KidsシェアスクールでのインプロWS!

柏の葉T-SITE内、T-KidsシェアスクールでのWS!
リピーターとして何度も通ってくれている子もいて、はじめて参加してくれた子もいて、キャンセル待ちになっていたそうです。
とってもうれしい。
ありがとうございます!!

★今日やったこと
・みんなのことをしる時間
・わたす、うけとる時間
・なかまをおうえんする時間
・ミニ発表会

ミニ発表会が終わった後には、親御さまから感想をいただきました!
「みんなが自分のアイディアをどんどん出して、ひとつの作品になることがすごいと思った」
「子どもたちそれぞれが発想を出していく姿に感動した」

などなど。みんなの姿をみて色々感じとってもらえたようでうれしいです!!

今日のワーク、とっても元気よくそれぞれの天才性が発揮されていました!
ワークで起きた体験が、みんなの日常をよりじぶんらしく生きるために役立つといいなと感じています。
そのために私たちがもっと出来ることは何か。
もっと良いワーク時間にするためには。

教えることは教わることだなぁと感じます!

今日もありがとうございました!!

(まいきー)

そして、協賛いただいているサザコーヒーさまから、こんなにたくさんのコーヒーをいただいちゃいました!!!
う、うれしい。。!! ありがとうございます!!!
この大量のコーヒー、しばらくWSでみなさまにお配りさせていただきますね♡
感謝です!!!


【川鶴区子どもサポートフェスティバルにてインプロショー&ワークショップを行いました】

本日は川越市立川越西小学校にて

インプロショー&ワークショップを行ってきました!

 

今回もTokyo Comedy Store:Dのみなさんをお呼びしました!!

 

フェスティバルのテーマは、「体験しよう!おいしい、楽しい、目新しい」でした。

「体験できて、楽しい、真新しい」という点でご依頼を受けた今回の企画です。

 

ショーを始める前は会場全体が「??インプロ??」という雰囲気を感じましたが、ショーが終わった後は会場から「やりりたい~~~!!」と声があがり、とてもうれしかったです^^!

 

そのあと自由参加のワークショップも1時間まるまるエネルギッシュな子どもたちと:Dのメンバーと一緒に楽しみました~!

 

うれしい声もたくさんいただきました♡

 

*子どもたちからの感想*

「来年も来てくれる!?」

「習い事であったら絶対習いたい!!!」

「川越でもやってよ」

 

*役員さん、親御様からの感想*

「子どもたちの積極性に大人が驚かされました。」

「インプロに触れる機会が増えて、こういう方向に進む子どもが増えればいいと思います」

「自分たちが子どものときにはこのようなワークショップがなかった。大事ですね」

 

最後はおいしい焼き芋や豚汁もいただき、私たちもたくさん満喫させていただきました^^!

 

川越西小フェスティバル実行委員会のみなさま、ありがとうございました!


2018年11月12日 子ども向けインプロワークショップ@merry attic forest

‪#tkids で打ち合わせの後は、学童CLUB merry atticforest での定期WS!‬‪

「良いところを発見する名人」がたくさんいた!‬
‪「協力すること」「アイディアを出すこと」、みんなどんどん変化しています!‬

‪ワーク後も「インプロのつづきやるひとー!」とみんなでお話づくりを始めていてうれしかったです^ ^


T-KIDSシェアスクール打ち合わせ♪

11/12

T-KIDSシェアスクールの上原スクール長と打ち合わせでした!

春からまた新しい企画がT-KIDSで始まります〜!

上原さんが「インプロめちゃめちゃいいですね!」と言ってくださり、たくさん褒めてくれて、ニッコニコの私たちです。


クラウドファンディングリターンワークショップ第2弾が終了しました!

クラウドファンディングリターンワークショップ第2弾でした!

第一弾に参加者が偏り、おやすみも出た、ということでマンツーマンクラスになりました!

参加者の方は、普段場をリードする機会が多いとのことだったので、身体系のワークであえてフォロー側に回ってもらったり、小動物のリスの要素を身体に入れて会話してもらったりすることで、普段あまりしない動きを体験してもらいました。

参加者の方は、なんとストレングスファインダーの専門家!ワークショップ後は、たくさんストレングスファインダーについてレクチャーしていただきました^ ^!

できないところや苦手なところを見つけて一生懸命やることも大事。
でも、ありのままの良さを受け入れて、その強みを伸ばしていく考え方の方がチームとしてパフォーマンスが上がるという考え方を知りました。

これは私たちが子どもたちと接していく中でも大切にしていきたいことだなあと感じました^ ^♪

(写真を撮り忘れたので、まいきーの写真を載せます)